妊娠中の市販の白髪染めは危険!利尻ヘアカラーが安心の理由

妊娠中の白髪がめちゃくちゃ気になるのでなんとかしたいけど、市販の白髪染めだと怖い・・・大丈夫?安心して使える白髪染めってないのかな?それなら利尻ヘアカラートリートメントがオススメ!

妊婦も安心の利尻ヘアカラーの超効果的な使い方とは?

2016年11月24日 10時36分

siraga_3.jpg
 
button2_3.jpg




刺激の強い染毛剤を使っていない、
利尻ヘアカラートリートメント。


妊娠中も安心して使えます。


刺激の強い染毛剤を使っていないと、
「染まり方が悪いのでは?」と、
心配になる人もいますが、
ちょっとしたコツをつかめば、
最初からきれいに色が入ります。


利尻ヘアカラートリートメントの、
超効果的な使い方を、まとめてみました。

 

染める前のシャンプーはノンシリコンじゃないとダメ?

shiraga_41.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
ヘアマニュキュアタイプの白髪染めです。


ヘアマニュキュアタイプは、
髪の外側を覆います。


シリコン剤が、
髪のキューティクルを覆っていると、
染料を弾きやすくなります。


利尻ヘアカラートリートメントの
効果的な使い方では、事前のシャンプーで、
シリコン入りのシャンプー剤を
使わないようにしましょう。



ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーが、オススメです。

 

利尻ヘアカラーは濡れた髪より乾いた髪

shiraga_8.jpg


乾いた髪に、染料をつけるのが、コツ。


利尻ヘアカラートリートメントは、
適度に水分を含んでいます。


乾いた状態の髪につけた方が、早く色が入ります。


たっぷり使いましょう。


塗る時、髪に馴染ませるのではなく、
「置く」感覚で塗っていくと、
ムラになりません。


クシを使わず、手袋をはめた手で、塗っていきます。


クシを入れると、
せっかく塗ったトリートメントを、
剥ぎ取ることになります。


結果として、染め残しができてしまいます。

 

より白髪を染めるにはティッシュとラップが重要!

shiraga_46.jpg


染まりにくい生え際と分け目には、
テッシュを使うと、便利です。


使い方は、テッシュを2枚重ねて、
トリートメントの上から、ピッタリと貼るだけ。


クリームと髪の毛が密着して、美しく仕上がります。


その上から、頭全体にラップを巻きます。


クリームを髪に密着させましょう。


放置中は、
ラップの上から蒸しタオルを巻くと、
髪の毛が温まります。


髪の毛が温まると、
キューティクルが開いて、
色素が入りやすくなります。

 

利尻を洗い流す前に冷たい水をぶっかける?

shiraga_45.jpg


10~20分程度放置したら、
利尻ヘアカラートリートメントを洗い流しますが、
その前に、ひと手間かけると、色が定着します。


さっと、冷たい水をかけるのが、コツ。


冷たい水で、キューティクルが引き締まります。


キューティクルが引き締まることで、
色素が、逃げていかなくなります。


また、ぬるま湯で流す際に、
一気に流すのではなく、
トリートメントを馴染ませるように、
もみながら、ゆっくりと落としましょう。


染めムラがなく、きれいに仕上がります。

 
↓ ↓ ↓ 

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る