妊娠中の市販の白髪染めは危険!利尻ヘアカラーが安心の理由

妊娠中の白髪がめちゃくちゃ気になるのでなんとかしたいけど、市販の白髪染めだと怖い・・・大丈夫?安心して使える白髪染めってないのかな?それなら利尻ヘアカラートリートメントがオススメ!

市販の白髪染めは良く色落ちする?綺麗に白髪が染まる方法

2016年11月24日 09時25分

siraga_3.jpg
 
button2_3.jpg




市販の白髪染めには、
酸化染料が使われています。


染まりやすいのが、酸化染料です。


しかし、市販の白髪染めで染めても、
翌日には、色落ちが始まることが、
稀ではありません。


根元が、すぐに色落ちして、
1週間も経たないうちに、
色落ちが目立つことが、あります。


どうして、市販の白髪染めで、
色落ちが目立つのでしょうか?

 

市販の白髪染めで色落ちが激しいのはシャンプーのせい?

shiraga_41.jpg


市販の白髪染めで、色落ちが激しい場合、
シャンプー剤の種類を見直しましょう。


高級アルコール系洗浄成分が配合されている、
シャンプー剤を使っていませんか?


高級アルコール系シャンプーは、
洗浄力が強いのが、メリットですが、
白髪染めの色落ちが進みます。


アミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。


また、手に取ったシャンプー剤を、
髪につけてから、頭皮を洗う人もいますが、
その洗い方では、洗浄力が一番高い時に、
髪を洗う事になります。


手に取ったシャンプー剤は、泡立てて、
その泡を頭皮につけて洗いましょう。

 

キューティクルの層が多いと白髪が染まらない?

shiraga_42.jpg


シャンプーに問題がない場合、
髪質が影響している可能性があります。


一般的な人のキューティクルの層は、3~4層です。


しかし、中には、
キューティクルの層が、10層近い人もいます。


キューティクルの層が分厚い髪質だと、
白髪染めの薬剤を弾いてしまいます。



そのため、白髪染めをしても、
すぐに色落ちが始まります。


キューティクルの層が厚い人は、
染める時に、目安よりも、
5分程度、長く放置すると、良いとされています。


ただし、市販の白髪染めの薬剤は、
30分以上の時間を置いても、
それ以上の効果は、期待できません。


30分以内で、放置時間を設定すると、良いでしょう。

 

髪痛んでませんか?痛んだ髪だと白髪は染まらない

shiraga_43.jpg


市販の白髪染めでは、染めた後、
キューティクルが開きっぱなしになります。


キューティクルが開いたままだと、
髪の中身である、コルテックスが、
出て行ってしまいます。


トリートメントは、
コルテックスに作用していますが、
コルテックスを閉じ込める、
キューティクルが傷んでいると、
色素も定着しません。



傷んだキューティクルを治しながら、
白髪染めができるのが、
トリートメントタイプの白髪染めです。


トリートメントタイプの白髪染めは、
繰り返し使う事で、色素が定着し、
髪がツヤツヤになっていきます。
 

トリートメントしながら白髪を染める

rijri_2.jpg


コルテックスを閉じ込められる
キューティクルにすると、
色素が定着して、
色落ちが目立たなくなります。


白髪を綺麗に染めるには、
トリートメントタイプの白髪染めがオススメです。


トリートメントタイプの白髪染めの中でも、
天然由来のトリートメント成分が豊富なのが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


利尻ヘアカラートリートメントには、
利尻昆布エキスを始め、
髪にコシを与える成分が7種類、
髪のキューティクルを保護する成分が8種類、
配合されています。


色持ちは、おおよそ1週間。


髪質によっては、2週間、
色落ちが目立ちません。

 
↓ ↓ ↓ 

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る