妊娠中の市販の白髪染めは危険!利尻ヘアカラーが安心の理由

妊娠中の白髪がめちゃくちゃ気になるのでなんとかしたいけど、市販の白髪染めだと怖い・・・大丈夫?安心して使える白髪染めってないのかな?それなら利尻ヘアカラートリートメントがオススメ!

利尻vsラサーナヘアカラートリートメントの成分・効果・評判!妊婦でも安心なのは?

2017年02月14日 09時26分

siraga_3.jpg

↓  ↓  ↓
 
利尻ヘアカラートリートメントの詳細を今すぐ見る




刺激が強く、かぶれの原因になるとして、
よく知られているパラフェニレンジアミン。


パラフェニレンジアミンを配合せず、代わりに天然色素を中心に使っている、
トリートメントタイプの白髪染めで、人気が高いのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」と「ラサーナヘアカラートリートメント」です。


  天然色素が中心になっていても、
どちらも、トリートメントタイプの白髪染めとしては、良く染まる品です。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
3日続けて使うと、しっかり染まったと実感します。


「ラサーナヘアカラートリートメント」は、
髪質によっては、1回でも、満足できる程度、色が入ります。


通常、2日続けて使うと、白髪は染まります。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!成分は?アレルギーの心配は?

rijiri_21.jpg

「ラサーナヘアカラートリートメント」の染まりやすさを生んでいるのは、
ステアルトリモニウムブロミドです。


ステアルトリモニウムブロミドは、
「ラサーナヘアカラートリートメント」には、
多く配合
されています。


髪へ吸着しやすい性質を持ちます。


界面活性剤の一種で、刺激が強い成分です。


化学物質に対するアレルギーを持っている人は、
避けた方が無難とされています。


刺激性界面活性剤はもちろん、
シリコン、防腐剤、酸化防止剤、金属封鎖剤、安定剤などを、
いっさい使っていないのが、「利尻ヘアカラートリートメント」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントvsラサーナヘアカラートリートメント!色落ちは?

shiraga_88.jpg


「利尻ヘアカラートリートメント」は、染まったら、
後は、1週間に1回のケアで済みます。


色落ちに関して、目立った口コミは、見られません。


「ラサーナヘアカラートリートメント」については、
色落ちが気になるという口コミが、しばしば見られます。


染まった後は、2日おきにケアするのが、
キレイな状態を維持するには、必要とされています。
 

利尻vsラサーナヘアカラートリートメント!妊婦でも安心なのは?

ninpu_4.jpg


刺激の強い界面活性剤が、
多く配合されている「ラサーナヘアカラートリートメント」


妊娠中に使って、何ともなかったという人もいますが、
公式サイトには、生理中や妊娠中には、
念のため使用しないように、注意を促す記述が見られます。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
刺激の強い化学物質をいっさい使っていません。



妊娠中も、使えます。



 
↓ ↓ ↓ 

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る