妊娠中の市販の白髪染めは危険!利尻ヘアカラーが安心の理由

妊娠中の白髪がめちゃくちゃ気になるのでなんとかしたいけど、市販の白髪染めだと怖い・・・大丈夫?安心して使える白髪染めってないのかな?それなら利尻ヘアカラートリートメントがオススメ!

利尻vs大島椿ヘアカラー トリートメントの成分・効果・評判!妊婦でも安心なのは?

2017年02月10日 08時08分

siraga_3.jpg

↓  ↓  ↓
 
利尻ヘアカラートリートメントの詳細を今すぐ見る




妊娠中は、女性ホルモンが、妊娠前の100~1000倍に増えます。


その影響で、肌が過敏になる女性は、少なくありません。


妊娠中の白髪染めは、天然素材で、安全に行いたいもの。


商品名に天然素材が入り、安心感が高いのが、
「利尻ヘアカラー」と「大島椿ヘアカラートリートメント」です。


「大島椿ヘアカラートリートメント」は、
椿油で髪の毛をケアしたことがある、女性の利用が多いのが、特徴です。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs大島椿ヘアカラートリートメントの成分は?

rijiri_23.jpg


「大島椿ヘアカラートリートメント」の特徴は、
椿油が配合されていることです。


椿油とツバキセラミドが、髪の補修成分として配合されています。


感触改良材や保湿剤には、安全性の高い成分が使われています。


気になるのが、ジメチルステアラミンが配合されていること。


ジメチルステアラミンは、三級カチオン界面活性剤です。


帯電防止の為に使われます。肌に刺激をもたらす成分で、
肌が敏感になっている妊婦には、好ましくないと言われています。


刺激性界面活性剤はもちろん、
シリコン、防腐剤、酸化防止剤、金属封鎖剤、安定剤などを、
いっさい使っていないのが、「利尻ヘアカラートリートメント」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs大島椿ヘアカラートリートメントの染まり方は?

rijiri_22.jpg


トリートメントタイプの白髪染めの平均的な染まり方は、
3日続けて使った後に、しっかり染まったと実感するというものです。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
トリートメントタイプの白髪染めの平均的な染まり方です。



「大島椿ヘアカラートリートメント」は、
平均よりも、ゆっくり色が入っていきます。


使いだして5日続けて使うと、染まるというもの。


その際、染まるのは、全体の「7割くらい」とする口コミもあります。


また、「大島椿ヘアカラートリートメント」では、
太くて硬い髪の場合、もつれてしまうことがあるため、
すすいだ後は、コンディショナーを使うという人もいます。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs大島椿ヘアカラートリートメント!妊婦に安心なのは?

 
shiraga_86.jpg



「利尻ヘアカラートリートメント」と
「大島椿ヘアカラートリートメント」。


天然素材を使っていますが、
「大島椿ヘアカラートリートメント」には、
刺激がある界面活性剤が使われています。


口コミでは、妊婦がアレルギー反応を起こしたというものは、
見られませんでしたが、肌が過敏になっている妊娠中は、
刺激性界面活性剤は、避けるのが、無難
です。


刺激性界面活性剤はもちろん、肌に負担がかかりそうな成分を、
いっさい使っていないのが、「利尻ヘアカラートリートメント」です。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
妊婦が安心して使える白髪染めです。


なお、市販の白髪染めが、胎児にどんな影響を及ぼすかは、
他のところにまとめています。そちらも参考にしてください。


 
↓ ↓ ↓ 

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る