妊娠中の市販の白髪染めは危険!利尻ヘアカラーが安心の理由

妊娠中の白髪がめちゃくちゃ気になるのでなんとかしたいけど、市販の白髪染めだと怖い・・・大丈夫?安心して使える白髪染めってないのかな?それなら利尻ヘアカラートリートメントがオススメ!

妊娠中の市販の白髪染めは厳禁!白髪だらけの髪を染めるには?

siraga_3.jpg
 
button2_3.jpg




妊娠すると、白髪が増える女性が、
多いようです。


女性ホルモンが大きく乱れることが、
白髪の原因とされています。


また、栄養が、赤ちゃんに、
優先的に送られるため、
最後に栄養が回る髪には、
十分に栄養が行き渡らないことも、
白髪を増やす原因と、
考えられています。


妊娠中でも、身だしなみは整えたいのが、女心


白髪だらけの髪を染めるには、
どうしたら良いでしょうか?

 

美容院では妊娠中の白髪染めはできない?

shiraga_36.jpg


美容院の中には、
妊娠中の女性の白髪染めを
断っているところが、少なくありません。


白髪染めに含まれている薬品類が、
妊婦や胎児に悪影響を与えてしまった場合、
責任が取れない
というのが、理由です。


また、妊娠中は、ニオイに敏感になります。


白髪染めに使われる薬剤の、
ツーンとするニオイで、
気分が悪くなる女性も、少なくありません。


腹部に負担がかかる姿勢を、
長時間とることで、
体調が悪くなることも、懸念されます。
 

妊婦は市販の白髪染めをぜっっっっっっっったいに使ってはいけない理由

shiragasome_4.jpg


自宅で白髪を染められる、
市販の白髪染めには、
通常、ジアミンが含まれています。


ジアミンは、発色が良く、
色が髪につきやすいためです。


ただし、ジアミンは、
アレルギーを起こしやすい物質です。


ジアミンの中でも、市販の白髪染めによく使われる、
パラフェニレンジアミンは、
東北労災病院の調査では、
テストを行った人の、
約75%にアレルギー反応が出ています。


妊娠中は、体の中のさまざまなバランスが
崩れやすくなっています。


妊娠前には、特に異常が現れなかった人も、
妊娠中にアレルギー反応が出る可能性は、
低くありません。


かぶれ、皮膚の荒れなどの、心配があります。
 

市販の白髪染めは胎児にどんな悪影響を及ぼす?

shiragasome_5.jpg


市販の白髪染めに使われている、
化学成分は、皮膚を通り、
毛細血管から全身のさまざまな場所へ、
運ばれていきます。


その血液は、もちろん、
お腹の中の赤ちゃんにも、送られます。


胎児にも、
白髪染めに含まれる化学成分が、
伝わる可能性があります。


白髪染めに含まれる化学成分が、
胎児にどのような影響を及ぼすか?


現時点では、明確に分かっていません。


安全性は、確かめられていません。

 

妊娠中に安心して白髪を染めるにはどうするべき?

ninpu.jpg


妊娠中に白髪染めをしたい場合、化学成分が、
極力、含まれていない白髪染めを、選びましょう。


オススメは、トリートメントタイプの白髪染めです。


トリートメントタイプの白髪染めには、
染色成分やトリートメント成分に、
天然成分を配合しているものが、多く見られます。


中でも、天然成分が豊富に使われているのが、
利尻ヘアカラートリートメント
です。


利尻ヘアカラートリートメントは、
染色成分に、4種類の植物由来色素が使われています。


トリートメント成分の主成分は、利尻昆布エキスです。


育毛成分としては、
23種類の天然由来成分が、配合されています。


利尻ヘアカラートリートメントは、
市販の白髪染めでかぶれた人も、
頭皮に違和感を感じずに、
白髪染めができると、好評です。


 
↓ ↓ ↓

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る